5.「Progress」kokua(スガシカオ)

2006年リリース、kokuaの[text color=red]「Progress」[/text]

この曲は、ご存知のように、スガシカオが歌う、NKK「プロフェッショナル〜仕事の流儀〜」のテーマソング。

実は、僕は、ランニング を始める前は、この曲のことを、「プロフェッショナルの曲」くらいにしか思っていなく、特にシンパシーも感じていなかった。

だけど、ある日、ランニング 中に、たまたま聴いてみたら、なぜか、すごくパワーが湧いてくる感じがしたんだ。

これが、出だしの歌詞。

ぼくらは位置に付いて
横一列でスタートをきった
つまづいている あいつのことを見て
本当は しめしめと思っていた

これは、いわゆる社会でのレースや競争のことを指しているんだろうけれども、もちろん、ランニング やマラソンにも、そのまま当てはまる。

ランニングやマラソンは「自分との戦いだ!」なんて、かっこいいこと言っていても、いざ、誰かと一緒に走ったり、マラソン大会に出た時には、相手を張り合ったり、ペースダウンしている人を抜いて「しめしめ」なんて思ってしまうこともある。

ランナー目線で、この曲を聴くと、そうした心理を突いているようにも思えて、ちょっとドキっとしたんだと思う。

ずっと探していた 理想の自分って
もうちょっとカッコよかったけれど
ぼくが歩いてきた日々と道のりを
ほんとは”ジブン”っていうらしい

[text color=red]「ずっと探していた理想の自分」[/text]

こんなものになれた人って、どれくらいいるのだろうか?

多くの人が、今の現状に何らかの不満を抱き

「もしも、過去のあの時に戻れたら・・・」

なんてことを、一度ならず、何度も思ったことがあるではないだろうか。

過去に戻れたら・・・

  • 諦めていた夢を追うだろう
  • たくさん勉強して国家資格を取るだろう
  • サラリーマンにはならず起業するだろう
  • 英語を勉強して海外で成功をつかむだろう

人それぞれ思うことがあると思う。

でも、本当に、過去に戻ったら、僕らは血反吐を吐いて、血眼になってまで、行動に移すことができるのだろうか?

今、行動に移すことができる人なら、きっと過去に戻っても行動に移せるのだろう。

そもそも、所詮、過去には戻れない。
だから、これからの人生において、1番の過去とも言える現在を、どう生きていくか。

今この一瞬の「自分の日々と道のり」をしっかり歩いていくのが大事なんだなと、ランニング しながら思うんだ。

ねぇ ぼくらがユメみたのって
誰かと同じ色の未来じゃない
誰も知らない世界へ向かっていく勇気を
“ミライ”って呼ぶらしい

SNSが当たり前の昨今。
誰かの投稿を見て、うらやましく思うこともあるだろう。

だけど、他人は他人。自分は自分。

自分なりの一歩を踏みしめて、自分の未来を作っていけたら良いと思う。

ランニング は、まさに自分自身と向き合うための時間だ。

[text color=red]「Progress=進歩」[/text]

挫折してもいい。きょうもまた・・・

あと一歩だけ前に進もう

NEXT 6.「風見鶏」コブクロ

おすすめの記事