僕がランニングする時や、マラソン大会に参加する時に、[text color=red]自分を奮い立たせるために聴いている音楽[/text]を、10曲、選りすぐってみた。

テーマは「自分に負けない」ための応援歌。

青春時代に聴いていた1980年90年代の名曲から、2010年代の曲まで、僕が実際にランニングする時のitunesのプレイリストに入れている音楽をご紹介。

ジン
ランニングやマラソンで自分への応援歌として聴くのは、もちろんのこと、日常で元気が出ない時に、自らを奮い立たせるのにも有効だよ!
選曲の基準は、ランニング中に熱くなれる歌詞や元気になれるメロディかどうか。

人それぞれ、好きな曲や、心が揺さぶられる歌は違うし、あくまで、40代男の選曲だが、同世代ランナーにも若い世代の人にも、少しでも参考になればと思う。

ランニングで「自分に負けない」応援歌10選

僕が選んだ、ランニング・マラソンで「自分に負けない」応援歌10曲は、こちら。

「自分に負けない」応援歌10曲
  1. 「悲しみなんて笑いとばせ」FUNKY MONKEY BABYS
  2. 「CHANGE YOURSELF」布袋寅泰
  3. 「もっと遠くへ」レミオロメン
  4. 「くるみ」 Mr.Children
  5. 「Progress」kokua(スガシカオ)
  6. 「風見鶏」コブクロ
  7. 「AMBITIOUS」Dragon Ash
  8. 「CLASSIC」湘南乃風
  9. 「恋をとめないで」COMPLEX
  10. 「SEVEN DAYS WAR」TM NETWORK

それでは、この10曲が、なぜ、ランニング中に聴くと元気になるのか?頑張れるのか?
それぞれの解説(というか、勝手な解釈)を書いていくよ。

1.「悲しみなんて笑いとばせ」FUNKY MONKEY BABYS

2011年リリース、ファンキーモンキーベイビーズの[text color=red]「悲しみなんて笑いとばせ」[/text]

悲しみなんて笑い飛ばせ - FUNKY MONKEY BABYS

まずは、この曲を一番におすすめしたい。

越えられない高い壁は
ぶつかって ぶっ壊して
前に進んでけばいいさ
強靭な向かい風は
背中で受け止めて
追い風にすればいいさ

公式のLIVE動画を見てもらえば分かると思うけど、とにかく、歌詞もメロディーもポジティブ全開。笑

個人的には、大事マンブラザーズの名曲「それが大事」に匹敵するほどのプラスパワーを秘めていると思っている。

ランニング の走り出しに活気づけるのにも、限界ギリギリの時に火事場のクソ力を出すのにも役に立つ。

高い壁をぶっ壊して前に進む、ってのもいいんだけど、今回、注目したいのは、その次のフレーズ。

強靭な向かい風は
背中で受け止めて
追い風にすればいいさ

ランニング 中には、すごく強靭な向かい風の時ってあるよね。

そんな時は、くるっと方向を変えて、背中で受け止めちゃえばいいのか、と。

さすれば確かに追い風になる。進む方向は変わるけど。笑

つまり、苦しい時も、それくらい柔軟に考えていれば、何事も何とかなるもんだ、と僕は解釈している。

でも、マラソン大会などのレースの時は、これって無理じゃない?

と、誰もが思うだろう。

河川敷のレースとか、強風でマジ半端ない向かい風の時がある。

で、くるっと方向変えて、背中で受け止めて、引き返したら、ルール違反でしょ。てか、失格。

だけど、こう考える。

折り返し地点まで頑張れば、向かい風が追い風に変わるんだ、と。

そして、この曲は、ランニング をしたいけど、どうにも気分が乗らないと、尻込みしている時にも有効だ。

不平不満を言う前に まず一歩
凹む前に とりあえず一歩
ほら 気づいたら もう二歩目
片足でも 明日へ放り込め

ランニング を続けていく上で、一番大事なことが、この歌詞に集約させていると思う。

  • あー気分が乗らねー。
  • 体がだりぃー。
  • 明日、走ればよくねー。

弱い自分の悪魔のささやき(誘惑)にのってしまうと、とたんに走ることをやめてしまう。

だから、ランニング をする時には、何も考えずに、最初の一歩を、片足でもいいから、踏み出すことが大事。
その一歩が明日につながっていく。

もし、その一歩を踏み出さなかったら、明日も、きっと踏み出さないだろう。

未来の自分に期待しすぎてはいけない。今日やらないことは、明日もやらない。

そう思っていないとダメだ。

人間の脳は良くも悪くも、変化を嫌うように仕込まれている。
だから、毎日の一歩を、当たり前にしていこう。

ランニング

そして、2番のBメロ。

決して強くはないけど
かといって弱くもないよ
今は夢がなくても
これから探していける
喜びを抱きしめて

ランニング を始めた人で、弱い人っていないと思うんだ。

ランニング を始めた理由は、人それぞれだけど、何かしらの意思や決意があって、最初の一歩を踏み出したはず。

その時点で、弱いなんてことはないんだ。

そりゃ、決して強いとは言えない。

だからこそ、ランニング を始めたんだ。
走りながら、自分自身と向き合って、これからの夢や未来を見据えていけばいいんじゃないかな。

さて、「悲しみなんて笑いとばせ」で、僕が一番好きな歌詞が、Cメロのフレーズ

誰と競っているんだよ
一番のライバルは
目の前の鏡に映ってるだろう?
さあ悲しみなんて笑いとばせ!!!

僕ら市民ランナーにとって、ランニング やマラソンのライバルって誰だろうか?

僕らは、誰かと競い合っているわけではない。

つまり、敵(ライバル)がいるとすれぼ、それは、自分自身。

目の前の鏡に映っている自分なんだ。

洗面台の鏡

僕はランニングする前に、走る格好に着替えたら、洗面台の鏡の前に立ち、ライバルは自分自身だと言い聞かせる。

1人で走るんだけど、鏡の中に映る自分と2人で走る気持ちでいる。

鏡に映る自分は、希望を抱き、エネルギーに満ち溢れている。

一方、走っていると、もう今日は、この辺でいいかと、諦め始める自分がいる。

そんな時に、この曲を聴きながら、鏡に映っていた自分を思い出すと、不思議とパワーが湧いてくるんだ。

あいつ(鏡に写った自分)に負けてなるものか!と。

だから、自宅では、いつも鏡と向き合って、ぶつぶつ言いながら、テンションを上げている。

しかし、その姿を見て、妻は僕に向かって冷たく、こう言い放つ。

「気持ち悪いから、自分ばっかり見るのやめれば」

さあ、そんな悲しみなんて笑いとばせ!

不可能なんてないよ 可能だらけさ
絶望なんてないよ 希望だらけさ

「悲しみなんて笑い飛ばせ」も入ったファンキーモンキーベイビーズのベスト盤は、熱い曲が満載なので、ランニングを頑張りたい時に、ぜひ、聴いてみてほしい。

悲しみなんて笑い飛ばせ - FUNKY MONKEY BABYS

NEXT 2.「CHANGE YOURSELF」布袋寅泰

おすすめの記事